* 次世代育成支援対策について *

 少子化が急速に進行し、社会に深刻な影響を与えることが懸念されています。
また、その原因のひとつとして、仕事と子育てとの両立に対する負担感が指摘されています。企業においても男女ともに、ワーク・ライフ・バランスがとれるような「多様な働き方」を選択できるよう、働き方を見直していくこと等の取り組みが求められています。
 
 丸栄では、これまでに以下の対応をして参りました。
1.育児・介護と仕事の両立がしやすいよう、法を上回る就業規則があり、
  しかも実効が上がっています。
2.職業家庭両立推進者を選任しています。
3.「ファミリー・フレンドリー企業」として、愛知労働局長賞(平成12年度)を受賞し、
  平成15年には愛知県から企業認証(現在は企業登録)、
  平成20年には名古屋市 から「子育て支援企業認定」を受けました。

 さらに企業の社会貢献活動として小中学生の社会見学の受け入れ拡大や、育児・介護を行う従業員の職業と家庭生活との両立をこれまで以上に支援する環境整備などの目標を掲げ、101人以上の労働者を雇用する事業主の義務として、「次世代育成支援対策推進法」に基づき「一般事業主行動計画」を策定し平成28年4月、愛知労働局へ届出をいたしました。

 女性のみならず男性も育児参加ができるように、従業員全員が働きやすい環境を整え、加えて地域貢献としての子育て支援活動を行うべく更なる努力をして参ります。

 愛知県ファミリー・フレンドリー・マーク

名古屋市子育て支援企業認定マーク

  
  平成28年4月

株式会社 丸 栄

取締役社長 野原太二雄