MARUEI sakae 永き歴史を持つ老舗百貨店 丸栄         
|   催し物案内   |    店内案内   |   店舗サービス   |   オンラインショッピング   |   会社案内   |

弔事のしおり
ご返礼にふさわしいお品選び、きまりごとなど、経験豊かな係員がご相談を承っております。お気軽にお申しつけ下さい。
ご法要のいとなみについて 香典返しなどのご準備について
ご挨拶状の作成について ご返礼品
→【弔事のしおり】印刷用(PDFファイル)はこちら


ご法要のいとなみについて
  • 忌明けまでの法要
    仏式では法要は七日毎に行なわれ、初七日、二七日忌(14日)、三七日忌(21日)、四七日忌(28日)、五七日忌(35日)、六七日忌(42日)、七七日忌(49日)、に営まれますが、普通は五七日忌と七七日忌 に重きがおかれています。
  • 七七日忌をもって忌明けとなり、その後は、百カ日、一周忌、三回忌、七回忌、十三回忌、十七回忌、二十三回忌、二十七回忌、三十三回忌、五十回忌という順で営まれます。いずれもお寺での行事の後、簡単なお食事を出し、お配り物をするのが通例です。
  • 仏壇開き
    家に不幸があって初めて仏壇を購入する場合は、忌明法要までに用意するのが正式の方法です。その他の場合は命日、盆、彼岸などが良いとされています。お配り物の表書きには、「入仏供養」「開眼供養」などと記入します。
  • 納骨
    納骨は初七日、五七日忌(35日)、七七日忌(49日・満中陰)の法要の際に行ないます。ご準備いただくことは参列者へのご連絡や出欠の確認、式後のおもてなしをする会場の手配とお配り物のご用意等が必要です。
  • 盆供養
    故人が亡くなられてから初めて迎えるお盆を「初盆」といって丁重に供養 します。お配り物の表書きは「初盆供養」「初盆粗供養」です。この行事は本来7月15日ですが地方によっては1カ月おくれの8月15日に行なう所も多いようです。
  • 【神式の場合】
    葬儀の翌日に行なう初祭以後、十日祭、二十日祭、三十日祭と行ない、五十日をもって忌明けとし、百日祭、一年祭をもって喪が終わります。その後は三年祭、五年祭、十年祭、二十年祭、三十年祭、四十年祭、五十年祭、百年祭があります。香典返しは通常三十日祭、五十日祭をもって行なわれます。
  • 【キリスト教の場合】
    カトリックでは亡くなられてから3日目、7日目、30日目に近親、知人が参列し追悼ミサを行ないます。また、プロテスタントでは一般に1週間目と1カ月目の召天記念日に追悼会を行ないます。以後毎年の命日の召天記念日に追悼会を行ないます。



ご挨拶状の作成について
香典返しのお品は、直接お持ちしてご挨拶するのがたてまえですが、現在では百貨店から配達することが一般的になりました。そのため、仏式・神式いずれの場合もご挨拶状を添えてご返礼なさる方が多いようです。
ご挨拶状例
ご挨拶状は仏式では戒名を入れて作成するのが一般的。また、香典返しをやめて慈善団体などに寄付をなさる場合は、その旨をご挨拶状に記して送るのが礼儀です。
  単判 ハガキ型
(封筒付)
二ツ折 ハガキ型
(封筒付)
巻紙奉書型
(封筒付)
30枚 ¥7,250 ¥8,900 ¥13,000
40枚 ¥7,500 ¥9,200 ¥13,500
50枚 ¥7,750 ¥9,500 ¥14,000
60枚 ¥8,000 ¥9,800 ¥14,500
70枚 ¥8,250 ¥10,100 ¥15,000
80枚 ¥8,500 ¥10,400 ¥16,000
90枚 ¥8,750 ¥10,700 ¥17,000
100枚 ¥9,000 ¥11,000 ¥18,000
以上10枚増す毎 ¥600 ¥800 ¥1,000
※納期は規定文については7日間、規定文以外のご注文の場合は校正期間を含み12日間となります。
※規定文以外のご注文の場合、「単判」及び「二ツ折」は3,000~4,000円、「奉書」の場合は5,000円加算されます。
※原稿の訂正は2日以内にお願いします。納品後の訂正は新規価格となりますのでご了承下さい。
※数量の変更は3日以内にお願いします。追加のご注文は下記の価格となりますのでご了承下さい。

追加30枚 ¥3,600 ¥4,400 ¥6,000
以上10枚増す毎 ¥600 ¥800 ¥1,000
※挨拶状として薄墨毛筆字体の(巻紙奉書型)と活字印刷の(二ツ折り・単版)の計3種類を用意しております。作成に7~10日のご猶予をいただきますのでお早目にご注文ください。
※カタログをご希望の方は、こちらからお申込み下さい。



香典返しなどのご準備について

香典返しの時期 贈名簿の整理 ご予算について
 香典返しは「故人に関する一切の仏事がとどこおりなくすみました」というお礼の意味があります。仏式では、五七日忌(35日)か七七日忌(49日)の忌明けに行ない、神式では、三十日祭か五十日祭に、キリスト教では特にきまりはありませんが、日本では仏式にならい、1ヶ月後の召天記念日に行なうことが多いようです。  ご弔問者のお名前、ご住所、香典の額を確認し香典返しの名簿をまとめましょう。
なお、近隣の方々や会社団体などへまとめてお届けするような場合には、お届 け先とお渡しする方々のお名前をご記入ください。
 名簿の整理ができましたら、次はご予算をお決めください。 従来のしきたりでは、いただいた金額の半額から三分の一程度が目安とされています。
相手様との関係で標準より多い場合とその反対で一家のご主人を亡くされたような場合は、お気持だけの返礼でもよいとされています。 特に高額の香典をいただいた場合は半返しにこだわる必要はありません。
お品選びについて お届けまでの日数 社葬などの香典返し
 昔から一般的に消耗品が用いられていましたが、今日では実用品も多く使われています。
代表品としては、タオル、ハンカチ、シーツ、石けん、タオルケット、毛布、茶器などの日常品から砂糖、紅茶、銘茶など食料品まで、巾広い種類の品物が利用されています。
あまり華美でないかぎり品種にこだわる必要はありません。 ご返礼の気持ちが先様に伝わるようなお品選びをすることが故人のよい供養になることでしょう。
 一般的には、五七日忌(35日)、または七七日忌(49日) の忌明けを期して発送できるよう準備をいたしますが、宗派や地域によって異なりますので、お客様とご相談の上で発送日は決めさせていただきます。
そのためには、ご挨拶状の印刷や品揃えなどで10日ほどの日数を要しますため、なるべくお早めにお申し付けくださいますようお願いいたします。
 故人が会社や団体に特別の功労があったり、業務上の事故などの場合、社葬や団体葬の扱いを受けることがあります。
葬儀の費用が会社等の負担であっても香典は遺族側が受け、そのお返しは遺族が行なうことが一般的のようです。
  • 年末・年始
    ご親族を亡くされて一周忌までは喪に服す意味で、祝事などは避けられた方が無難です。新年の年賀は控えて、12月の初めに年賀の欠礼のご挨拶状を出します。
  • お中元・お歳暮
    お中元やお歳暮は喪の期間とは無関係です。 お世話になった方々へのお中元やお歳暮の贈り物はなされた方がよいでしょう。



ご返礼品
  • お返礼のお品は、ご厚意をいただいた先様への感謝の気持ちが伝わるものが、故人のよい供養となることでしょう。マルエイでは、食品をはじめ日用品・カタログギフトなど幅広い種類のご返礼好適品をご用意いたしております。ご返礼のお品選びはもとより古くからのしきたりやきまりごとなど、経験豊かな係員がご相談を受け承っておりますので、どうぞご用命くださいませ。
  • 故人のやすらかな冥福を祈る、おりん・念珠・線香・仏壇・仏具
    マルエイでは各宗派の伝統的な仏壇やインテリアに合わせた新型仏壇をはじめ、念珠、おりん、経机、線香など各種仏具をご用意いたしております。<7階仏具売場>


お問い合わせ、ご購入はこちらへ

7階 直通電話(052)264-5181

 

 

エクセルデータでの一括注文はこちら